社長ブログ

腰板セット土壁への施工写真 を送って頂きました :2017年1月24日

腰板セット2(上小節)の施工例です

昨年暮れにご購入いただきました お客様からお写真をお送りいただきました

 

腰板セット上小節1

この度のお客様も真壁づくりの柱と柱の間の土壁の上に取り付けておられます

聚楽仕上げの壁とお見受けいたしますが

この腰板セットの特徴は下地材をボード用の両面テープと

接着剤で固定する仕組みなので

下地材が壁面にしっかりと固定できるかどうか気がかりでしたが

どうやら問題なく取り付けいただけたようです

 

下地材さえ接着することが出来れば

多少凸凹した壁であれ コンクリートのようにまったく釘の利かない壁で有れ

大抵の壁に施工することが出来ます

腰板セット上小節2

腰壁の取り付けで一番手間のかかるところは

端の部分(今回の場合は柱との接点)の腰板を 壁の余白に合わせて

巾をカットする事 そしてその板を隙間なくはめ込むところです

その作業を簡単にするためにI字型部材やL字型部材をご利用いただくのですが

こちらのお客様の場合には その必要もなくまったく隙間なく取り付けされておられます

腰板セット上小節3

ご夫婦で取り付けされたとのことですが

初めての方でも 大工さん顔負けの作業が出来るものなのだな と改めて教えて頂いた次第です

 
 

| コメント (0)

桧の節 大きいのと 小っちゃいの :2016年12月17日

桧フローリング一等(節有)の写真です

同じ原木で製材した製品でも製材した部位によって

全く違った雰囲気になります

写真 1

fe27hinoki2

写真1(fe27hinoki2)は原木の芯に近い部分で製材した商品で

沢山の小さな節があります、これはこの部分が成長の先端であった時に

沢山の細かい枝が有り、盛んに光合成をして成長していた時の名残です

写真 2

fe27hinoki3

写真2(fe27hinoki3)は原木の表面に近い部分で製材した商品です

樹高が伸び成長の先端部がさらに上部に移るにつれ

細かい枝が枯れ落ち幾らか残った枝が成長してますます太くなった結果です

桧の大節は木曽桧の民芸品に見られるようにうまく加工すれば

光沢のある大変綺麗なものです

弊社ではこの大節をうまく加工しフローリングの意匠として

生かしていきたいと思っております

 
 

| コメント (0)

置くだけフローリング 休憩室 完成写真 :2016年10月30日

休憩室完成写真です

28年3月休憩室30

コンテナハウスは置くだけフローリングを施工するには理想的な空間でした

28年3月休憩室31

床面が出入りの無い真四角な形状ですので 床板の複雑なカットも必要なかったこと

釘の利かない床面に根太を取り付けることもなく施工することが出来たこと

壁に囲まれた閉じた空間でしたが 隅の施工も簡単に済ませることが出来たこと

今回の経験から

ひょっとしてコンテナハウスの床を飾るには 「置くだけフローリング」はうってつけの材料ではないかと思いました

28年3月休憩室32

コンテナの中は鉄板で外部と仕切られただけの空間ですので 冬の冷え込みがかなり厳しいかと思えますが

35㎜という厚みのある床板ですので 足元からの冷え込みだけは かなり緩和されるのではと期待しております

 
 

| コメント (0)

置くだけフローリング 隅仕舞い 框取り付け :2016年10月23日

ずいぶんと間が空きましたが いよいよ張仕舞い 部屋の隅の部分になりました

この「置くだけフローリング」の特徴と致しまして 張仕舞い部分の取り付けが

通常の本実板に 比較して格段に取り付けがしやすくなっております

下写真のように L字型部材をはめ込む隙間10~15㎜程度の隙間を空けるように

巾決めをしたフローリングの凸実を先に施工してあるフローリングの凹実に斜めに差し込み

下におろすだけで取り付けることが出来ます

下写真

28年3月休憩室24

28年3月休憩室25

残された巾木との隙間には L字型部材を差し込みます

28年3月休憩室26

入口 靴脱ぎ場には框として 片面を斜めカットしたフローリングを後付けで取り付けました

28年3月休憩室27

フローリングの張り方とは逆の方向になりますが

釘や接着剤を使用することなく 簡単にはめ込むことが出来ました

28年3月休憩室28

出来上がり

28年3月休憩室29

 
 

| コメント (0)

マンション テラス ウッドデッキ :2016年10月17日

お客様から マンション テラス ウッドデッキの

DIY写真をお送りいただきました

デッキ板のサイズは220x30㎜です このサイズは215x30㎜のマンションリフォーム用の

床板材料から制作致します

28年10月デッキ板

内装用には不向きかと思える 黒芯の材料をデッキ用に製作しております

実は黒芯と言えど同様の材ばかりを揃えれば それはそれで 十分きれいな内装材になるのですが

明るい色の中に一部暗い色が混ざるとそればかりが目立ってしまい

そのことが原因でお客様に敬遠されることになってしまいます

その為デッキ材として活用させて頂いております

加えて黒芯は腐りにくいとされておりますので

デッキ材には向いているのでは

 
 

| コメント (0)